アニメコスのルール・マナー

アニメコスのルールあれこれ

コスプレのルールは、コスプレイヤー歴が長い人は当然のように分かっていることですが、コス歴が短い人にとっては分からないことがたくさんあります。
コスプレ独特のルールとマナーを知って、お互いに気持ちよくコスプレが楽しめるようにしたいですね。
ちなみにアニメコスのルール・マナーは、主に下記のようなものです。
■コスができる場所
■露出度
■写真撮影
■小道具

アニメコスをする[場所]のマナー

コスプレで歩くのが許可されている場所は、コスが許可されたイベント会場だけです。
勝手に会場の外に出たりしてはいけません。なぜか?というと、イベント会場の中では「コスプレをしている人がいる」とみんなが分かって入場しているので、何も問題ありません。

しかし外にはコスプレを見るとビックリしてしまう人や、中にはコスプレが嫌いという人もいます。コスプレイヤーの評判を落とさないためにも、絶対にアニメコス衣装を着用したまま外出しないようにしましょう。

コスプレの[露出]制限

アニメコスは、キャラによっては肌を多く露出する衣装があります。アニメは現実にはないような綺麗な衣装が魅力だったりするので、ぜひ完ペキに再現したいですよね。

人によって「露出が激しい」と感じるレベルは違いますが、お腹を出したり谷間を少し見せるくらいは、コスプレイヤーの中でも”OK”とされるようです。

隠している部分がかなり少ない衣装(お尻がはみ出てる、胸がほとんど出てるなど)は、きっと見ていて不快に感じる人が多いでしょう。線引きは難しいですが、要は過剰な露出はダメ!ということです。

コス写真[撮影]のマナー

コスにはつきものの「写真撮影」ですが、これにもマナーが存在します。とは言っても、そんなに難しいことではありません。自分がされて嫌なことはしない!これだけです。

一番厳しくルール決めされているのは「無断撮影」です。
言い換えれば「盗撮」にもなってしまうれっきとした犯罪。自分の知らないところで勝手に写真を撮られるなんて、気持ち悪いですよね。

あとは、撮らせてくださいとお願いされたはいいけど、撮影され続けて早10分・・・。撮られているコスプレイヤーさんにも、予定があることをお忘れなく!初対面の人に撮影をお願いするときは、写真2~3枚程度撮らせてもらったところで切り上げるのがマナーです。

コスに使用する[小道具]のルール

アニメコスでは衣装だけでなく、剣や杖などの小道具も大切に製作するコスプイレイヤーさんが多いです。
そのため、イベントのHPやパンフレットの裏にも、イベントごとに決められたルールやマナーが書かれています。

どこのコスイベントでも禁止されているのは、長すぎる小道具(剣や杖)、実際に発砲できるモデルガンやエアガンなど(危ないもの)、薬品や音の発するものなどです。
その他、規定に沿ったものでも危険な使い方をしていたら没収されます。危険と誤解されるような行動は慎みましょう。