コスプレ衣装とウィッグの保管

アニメコス衣装の保管法あれこれ

洗ったり陰干ししたりと、いくら大事に手入れしても、保管方法が間違っていると衣装にダメージが出てしまう可能性があります。保管方法は特に難しいことはなく、衣装の特徴に合った保管方法を知るだけでOKです。正しい保管方法を学んで、自慢のコス衣装を長持ちさせましょう!

ボリュームのあるコス衣装

フリルなどが重なっているボリューミーなコス衣装は、「日の当たらないところにハンガー掛け」というのが鉄則。たたんで片づけるとシワや折り目がついたり、ボリュームがなくなってしまうこともあります。

圧縮袋に入れるという保管方法をとっている人がいますが、圧縮袋は形を保ったまま保存してくれるので、どうしても片づける場所がない!という人は十分に乾燥させた上で圧縮袋に入れるといいでしょう。

また、日が当たらない場所といっても、暗くてジメジメしたところはNG。できれば風通しのいい場所に掛けておきましょう。その際、どうしても室内に日が差してくる場合は、安いものでいいのでカバーを掛けておくと日焼けの心配がありません。

制服やジャージなどシンプルなコス衣装

普通の洋服に近く、複雑でない形のコス衣装は、たたんで引き出しの中に入れ保管するだけでOKです。
手袋、靴下、小道具などの小物類は、コス衣装を片付けた場所の近くに保管しておくと、イベント前に用意しやすくなります。コス衣装と一緒に防虫剤や湿気とりを入れておくと、更に完璧になります。

すぐにイベントがない時などは、定期的にコス衣装を外に出して空気に触れさせることも大事です。長く保管していると隠れていた汗の臭いが気になる場合があるので、気になった時にもう一度洗濯しておきましょう。

アニメコスウィッグの保管法あれこれ

ウィッグは油断すると絡みやすく、また加工の際に使ったワックスやスプレーの影響、逆毛やアイロンなどで多少なりとも傷んでいます。優しく保管してあげることで、何倍にも長持ちさせることができます。

長持ちさせるウィッグ保管のコツ

ウィッグの3大注意点は、絡ませないことと、形を崩さないこと、湿気を溜めないこと。
一番良い方法は、ウィッグをどこにも触れさせずに保管することができる「ウィッグスタンド」です。ウィッグスタンドとはウィッグを被せてそのままの形で保管できる道具で、ダメージを最小限に抑えることができます。

ウィッグスタンドが難しいという人は、袋に入れて保管しても構いません。コツは、ウィッグを買った時の状態に近い感じで袋にいれること。ウィッグの大半は、使う前黒いネットに入っていると思います。毛束がバラバラになることで傷んでしまうので、ネットでひとまとめにしておくのです。

ついでに湿気とり、型崩れ防止として、被る部分に頭くらいの大きさに丸めた新聞を入れておくとなおGOOD。これでウィッグが綺麗に保管できることでしょう。

長さ別・ウィッグ保管方法

ショートウィッグとロングウィッグでは、少し保管方法が違う部分があります。基本的な部分は一緒なのですが、ショートウィッグよりロングウィッグの方が手間がかかります。

ショートウィッグは毛が短いため、絡まることがあまりありません。しかし、ロングウィッグは何もしないでそのままネットや袋に入れてしまうと、知らない間に毛先がとんでもないことになってしまいます。

ロングウィッグの正しい保管方法は、一つにまとめて根元から近い部分から順にヒモで3~4か所留めます。ゴムのような輪っかのものだと取るときが大変なので、ツルツルサラサラとしたリボンがおすすめです。強めに結ぶとあとが付いてしまうのでほどほどに。結び終わったらショートウィッグと同じくネットに入れて保管します。