コスプレ衣装とウィッグの手入れ

コス衣装の手入れはどうする?

長く使うには、正しいメンテナンスが大事なコス衣装。自分の持っているコス衣装のお手入れにはどんな方法があっているのかを勉強してみましょう。

手洗いと洗濯機を使い分けよう

コス衣装は私服とは違い引っかかりやすい形をしていたり、縮みやすかったりと、デリケートな作りをしています。でも、だからといってそんなに難しく考える必要はありません。
基本コス衣装は手洗いしてもらいたいところですが、衣装によっては洗濯機で洗い干すだけ、という簡単ケアでOKなこともあります。こんなコス衣装のときはどう手入れすればいいの?と疑問に思ったら、この記事を思い出してくださいね。

フリルなどボリューミーな衣装の場合

女児向けアニメなどに多いフリルのコス衣装は、洗濯機で洗ってしまうと縮む可能性があります。使っている生地が多いため、それぞれが少しずつ縮み全体的に小さくなってしまうからです。

とはいっても、ボリューミーな衣装を丸ごと手洗いするなんて大変そう・・・。
そんなときは、目に見えて汚れている所だけを、洗濯用洗剤を溶かした水やお湯に浸けて手洗いします。そして服全体に消臭・抗菌作用のあるスプレーを吹きかけ、日の当たらないところに干します。そうすると全体が濡れているわけではないので早く乾きますし、あ!と気づいたときに気軽にお手入れできます。

下着を着ていたとしても、汗はついているはず。消臭・抗菌スプレーは、表だけでなく肌に当たる裏側にも吹きかけましょう。

制服、ジャージなどシンプルな衣装の場合

制服やジャージは、衣装の中でも非常にシンプルなつくりをしています。自分の学校の制服やジャージのお手入れ方法を思い出してください。親御さんに洗ってもらっている人も多いと思いますが、きっと洗濯機で洗い、ハンガーで乾かすといった比較的簡単なお手入れをしていると思います。

しかし一つ注意してもらいたいのが、必ず「洗濯ネットに入れる」ということ。
洗濯ネットがあることで服への刺激が少なくなり、結果コス衣装が長持ちするからです。特に制服のジャケット(ブレザー)やスカートなど、形が崩れやすいものは必ず洗濯ネットに入れてから洗濯するようにしましょう。

ウィッグの手入れはどうする?

ここでは、ウィッグの状態に合わせたお手入れ方法を紹介しています。自分のウィッグの状態を見て、正しいお手入れ方法を探してください。

ウィッグの状態を見てみよう

ウィッグは大切に使っていても、絡まったり臭いが付いたりします。これは仕方のないことです。
特にイベント会場では急いで着替えることも多く、服を脱ぎ着している間に絡まったり、汗をかきやすいことから、イベント後のお手入れが欠かせない状態になります。

軽度の絡みならブラッシングでどうにかなりますが、汗がついたままで保管してしまうと、次のコスプレ時に「しまった!」ということにもなりかねません。どっちみちイベント後のウィッグケアはしたほうが良さそうです。

軽い絡み具合のウィッグのお手入れ

絡みがさほどない場合であれば、ブラッシングで解決できる場合がほとんどです。軽いといっても状態が違うので、「何とかなりそうだけどブラッシングだけじゃ戻らないかも・・・」というときには、毛の表面がなめらかになるスプレーをしてみるのも手です。

消臭・抗菌といった嬉しい機能を持ったスプレーもあるので、スタイリングとお手入れ用の2本あるといいですね。

頑固なぼさぼさウィッグのお手入れ

絡まりの軽い場合は、手でといたり目の粗いブラシを使えば簡単に元通りになります。でも、ガッチガチに固まってしまった!というときはブラッシングでは難しいものがあります。

絡まったウィッグの戻し方は、まず洗面器を用意し、水か水に近い温度のぬるま湯にウィッグ専用のシャンプーを混ぜ、軽く押し洗いをします。そして何回か水かぬるま湯ですすぎ洗いをし、完全に落とせたと思ったら今度はリンスをします。直接付けても、水に溶かしてもOK。

シャンプーの後に、柔軟剤に付けるお手入れ方法もあります。柔軟剤の場合は2~3時間浸けおきすると、サラサラヘアーに戻ってくれるようです。