カテゴリー別アーカイブ: アニメコスウィッグ作り方

ウィッグでツートンカラー/アニメコスウィッグ作り方

ツートンカラーとは、例えば右半分が金色で左半分が黒など、髪の毛を2色に染めることです。
個人的にはツートンカラーのアニメキャラをパッと思い出すことができないのですが、イメージ的にはブラックジャックのような感じでしょうか(ちょっと昔。)

最近はコスプレだけでなく一般の人(ギャルなど)にもツートンが浸透してきたため、ツートンウィッグの数も増えました。でも、普段使いできる程度のものなので、コスプレに利用できるほど派手なものはあまり出回っていません。自然過ぎるとコス衣装に合わない可能性がありますから、一番いいのは自分で作ることです。

それでは次回コス向けのツートンウィッグ作り方を紹介していきます。

ウィッグでポニーテール/アニメコスウィッグ作り方

ウィッグは普段髪を下して使うことが多いと思います。カットやアイロンでのスタイリングはするにしても、ポニーテールのようなアップは難しいし、挑戦する人も少ないのではないでしょうか?でも、コツさえ掴めばウィッグでも綺麗なポニーテールが作れるんです!

色々方法はありますが、一番簡単なのは「髪の毛を上下に分けて結ぶ」ということです。
ウィッグの髪を一気にあげてしまうと、すぐに下のほうが膨らんでダブダブになってしまいます。なので、上半分をしっかり上のほうで結んでおいて、下の髪を結び目に合体させるような感じでくしでときながら上げていきます。上下に分けると「ああ~上整えてたら下が崩れてきた!」みたいな失敗が起こりません。

もっと自然な感じにしたいと思ったら、下の毛から襟足部分をちょっと残しておいて、後で短くカットします。そうすると襟足のネット部分が見えず自然な仕上がりになりますよ☆

染める前にチェックすること/アニメコスウィッグ作り方

ウィッグを違う色に染めたい時、持っているウィッグの特徴を見てから染めはじめることが大切です。元々のウィッグの状態で、染め方や染まり方がかなり変わってくるからです。

例えば薄い色のウィッグ(銀髪、白髪、桜色など)は、染める液の色がそのまま出るというくらい染まりやすい性質を持っています。自分がどれくらいの暗さにしたいのかを考えて、染める液の色や置く時間を決める必要があります。

反対に元から色が暗いウィッグ(赤髪、茶髪など)の場合、色がなかなか入ってくれません。
黒色の染色液で染めたとしても、同じ色を保ちながら少しだけ暗くなる程度なので、微調整したい人や初心者にはこっちの加工のほうが向いています。自分がどんなウィッグをどんな色に染めたいのか、予め簡単に予想してから始めてみましょう。