カテゴリー別アーカイブ: アニメコスウィッグ作り方

オールバックの作り方/アニメコスウィッグ作り方

男キャラによく見られる髪型、オールバック。元のウィッグの形からかなり変えることになりますので、加工にもコツが必要になってきます。

まずは霧吹きで髪全体を湿らせた後、頭のてっぺん部分から前髪の毛を適量取り、後ろに流します。次に後ろに流した毛の根元部分をドライヤーで加熱し、髪の毛をダッカールで留めてから冷ましましょう。何度かに分けて、残りの前髪も同じように後ろに流していきます。短い部分は後ろに寝かせつけるようにしてダッカールで留めて下さい。

全部流し終えたら次はサイドの髪。サイドはそのまま髪を後ろに持っていこうとするとネットが見えてしまう事が多いです。その対策として、コームで根元の毛を前後左右色々な方向にとかして根元を立たせ、一度ふんわりとふかしを入れることがポイント。 その後根本以外の部分にワックスを使いびしっと後ろに固定してあげると、ネットも目立たず形も綺麗なオールバックになります。
サイドを固定した後は、手にワックスをつけて髪の毛全体を後ろへ流して固めます。最後になりたいアニメキャラのコス衣装に合わせて髪の毛全体を調節してください。うまく形が整ったら、ハードスプレーで固定して完成です。

それでもやっぱり上手く加工できない!という場合は、元々オールバック用に形が作られているウィッグも販売されているようです。既製品は毛量や長さ、全体の形などに限りがあるため自分で作るに越したことはないですが、いざという時は頼ってみてもいいかもしれません。

ハネたウィッグの直し方/アニメコスウィッグ作り方

ドライヤーで熱した後、保冷剤で毛束を挟んで毛先に滑らせるようにすると綺麗なストレートになります。仕上げにハードスプレーで固定してあげてください。

しかし熱に弱いウィッグの場合、熱で痛んでしまった…なんてことにも陥りがち。
そこで非耐熱性のウィッグにも気にせず使える方法もご紹介します。
まずは霧吹きで全体を湿らせます。使用後のウィッグの場合は、シャンプーをしてあげると衛生的。
そして湿った状態のままウィッグカバーのネットを被せて日陰に置いておきましょう。温度の高い日中の内がベスト。
1日じゃ直らなかったら何日か繰り返してみてください。

また、会場に着いたときにハネてしまっていた!という場合は、つけまつげ用の糊やピンで固定することにより応急処置ができます。
ハネてしまっても焦るのはまだ早い。せっかく用意したコスプレウィッグなのだから、諦めずにこの方法を試してみてくださいね。

絡まったウィッグの直し方/アニメコスウィッグ作り方

コスプレイヤーさんなら一度は経験しているであろう、ウィッグの絡まり。特にロングウィッグは少し油断すると毛先がダマになったりして、荒いクシも通らなくなってしまいます。

そんなときは、まずコンディショナーorリンスなど髪をツルツルにしてくれるものをお湯に溶かし、始めは指先→荒めのクシとゆっくり毛先からといていきます。無理矢理全部とこうと思わず、ほどほどにしておきましょう。

そして軽くすすいだ後、柔軟剤を入れたお湯や水に浸し、半日ほど待ちます。置いた後丁寧にすすぐと、サラサラに近い感触に戻っています。乾かすときも毛先からとかしながら弱い温風を当てていきます。仕上げにウィッグ用のオイルスプレーやコーティングスプレーを振りかけてとかして終わり!これで一つのウィッグが無駄にならずに済みますね(*^^*)