カテゴリー別アーカイブ: アニメコス衣装の作り方

武器の作り方/ アニメコス衣装の作り方

武器を作るときに最適の材料は「ライオンボード」です。お風呂マットのような柔らかい板状素材で、厚さは2mm~10mmのものがよく使われます。値段は物にもよりますが、1平方メートルで1500円程度。ネット通販やホームセンターなどで手に入れることができます。刀などの武器は勿論、鎧系の衣装など、金属質のものを作るときはライオンボードを使うのが良いでしょう。

これを切ったり曲げたり色を塗ったりして作っていくのですが、そのままの状態だと色ノリがとても悪く、綺麗な出来とは程遠くなってしまいます。そこで活躍するのがアクリル絵の具の下地剤である「ジェッソ」。美術の授業で使った事がある方も多いのではないでしょうか。最初にこれを2、3度塗り重ねておき、その後でシルバーやゴールド系のスプレーを使って塗装すれば、光沢のある色に仕上がるのです。

RPGなどのファンタジー作品や、進撃の巨人などの戦闘描写が多い作品のアニメコスをする際、武器があるのとないのではクオリティの差が歴然。武器を構えたポーズを撮ることもできますし、是非チャレンジしておきたいですね。

光沢のある衣装を作るには?/アニメコス衣装の作り方

貴族のような、高級感のある衣装を纏ったキャラクターのコスプレには、サテン生地がおすすめです。
実際にドレスにも使われている素材で、光沢感は抜群。厚めですが柔軟性があり、なめらかな手触りの生地です。
ですが、光沢が強すぎるため、下手に使うと逆にパーティグッズのような安っぽい印象になってしまうことも。
きらびやかなサテン生地の長所を活かすなら、光沢のないシンプルな生地との併用がおすすすめです。
スカートだけサテンで作ってみたり、ジャケットのラインにだけ使ってみたりと、パーツごとに布を変えてみてください。

また、一口にサテンと言っても色々な種類があります。
ブライダルサテンは上品で控えめな光沢をしているので、サテンをメインとした衣装を作る場合に最適です。
逆に、思い切り光沢を出したい!という場合にはミラノサテンで。
ミラノサテンは、一般的なサテンのようにつるっとはしておらず、波面のような光沢をしています。リボンなど、ワンポイントのアイテムに使ってみると良いアクセントになりそう。
落ち着いた光沢のものほど値段もお高めになってくるので、お財布と相談しながら、よりキャラクターに合った生地を使いたいですね。

銀魂【坂田銀時】コス後編/アニメコス衣装の作り方

かなり間を置いてしまいましたが、前回に続きまして銀魂・坂田銀時のコスプレ衣装後編です。
服装はざっくりとジャージ(タイトめ)と布があれば形になると思います。白い着物の部分は、白いシンプルな着物を買い、模様部分は水色の布を切り抜きます。素材はフェルトだと厚みがあってしっかり感があって良いかもしれません。

布と布を重ねて貼るときには、布用の両面テープが大活躍します。水色の模様部分に両面テープを乗せ、アイロンを当てて熱を加えます。そうすると固まっていた接着剤がとけ、熱いうちに白い着物の方へくっつけると、時間が経てばまた接着剤が冷えて固まってくれます。縫うよりも表にも裏にも響かず、着心地も見た目も両面テープのほうがおすすめです。

そして、コスプレ衣装製作初心者には少し難しい坂田銀時ですが、一番簡単なのは靴とウィッグ。銀魂はメジャーなアニメのため、ウィッグは大体形が整ったものが販売されています。事前に逆毛が立ててあるもの、立てやすくしてあるものなど、ヘアセットが苦手な人でも簡単に銀時の無造作ヘアを再現できるのです。

そして靴も専用のものはないか高いかですが、銀時のブーツは装飾がないため一般的なブーツで代用できます。女性用の靴はブーツであっても安いので、コスプレ専用として購入しておけば他のコスプレ衣装の際も役立つかもしれません。