作成者別アーカイブ: tuda@admin

基本用語「遠征」とは?/コスプレ・イベント用語

遠征とは、自分が住んでいる地域と遠く離れたイベントやコスプレ撮影会に参加すること。コスプレイベントは東京などの都会なら毎週のように行われていますが、地方に住んでいる人から見れば滅多に無い貴重な行事。そのため、遠征をしてアニメコスをする機会を増やす、というコスプレイヤーが多いようです。

また、撮影スタジオも地方によって色々個性がありますので、珍しいセットを目当てに遠征をするという事もあります。いつも利用している所と違うスタジオを使うと、普段とは少し違った写真を撮ることができますね。

武器の作り方/ アニメコス衣装の作り方

武器を作るときに最適の材料は「ライオンボード」です。お風呂マットのような柔らかい板状素材で、厚さは2mm~10mmのものがよく使われます。値段は物にもよりますが、1平方メートルで1500円程度。ネット通販やホームセンターなどで手に入れることができます。刀などの武器は勿論、鎧系の衣装など、金属質のものを作るときはライオンボードを使うのが良いでしょう。

これを切ったり曲げたり色を塗ったりして作っていくのですが、そのままの状態だと色ノリがとても悪く、綺麗な出来とは程遠くなってしまいます。そこで活躍するのがアクリル絵の具の下地剤である「ジェッソ」。美術の授業で使った事がある方も多いのではないでしょうか。最初にこれを2、3度塗り重ねておき、その後でシルバーやゴールド系のスプレーを使って塗装すれば、光沢のある色に仕上がるのです。

RPGなどのファンタジー作品や、進撃の巨人などの戦闘描写が多い作品のアニメコスをする際、武器があるのとないのではクオリティの差が歴然。武器を構えたポーズを撮ることもできますし、是非チャレンジしておきたいですね。

基本用語「宅コス」とは?/コスプレ・イベント用語

自宅でコスプレすること。イベントやレンタルスタジオと違い、時間を気にせずゆっくりと楽しめるのが魅力です。コスプレをするのが初めてという方は、まずは宅コスから入るといいでしょう。

しかし自宅で写真撮るとなると、どうしても家具などが入ってしまい、雰囲気を壊してしまいがち。そこで壁や床に布を張ると、手軽に生活感を隠してちょっとしたスタジオ気分を味わえます。逆に現代風のアニメコスなら、家具や雑貨などを置いて生活感を出してみてもいいかもしれません。