染める前にチェックすること/アニメコスウィッグ作り方

ウィッグを違う色に染めたい時、持っているウィッグの特徴を見てから染めはじめることが大切です。元々のウィッグの状態で、染め方や染まり方がかなり変わってくるからです。

例えば薄い色のウィッグ(銀髪、白髪、桜色など)は、染める液の色がそのまま出るというくらい染まりやすい性質を持っています。自分がどれくらいの暗さにしたいのかを考えて、染める液の色や置く時間を決める必要があります。

反対に元から色が暗いウィッグ(赤髪、茶髪など)の場合、色がなかなか入ってくれません。
黒色の染色液で染めたとしても、同じ色を保ちながら少しだけ暗くなる程度なので、微調整したい人や初心者にはこっちの加工のほうが向いています。自分がどんなウィッグをどんな色に染めたいのか、予め簡単に予想してから始めてみましょう。